「1年で英語が話せるようになる」プロ英語コーチ 赤松 魁

プロの英語コーチとして働いている赤松 魁です。英語コーチをしている上での学びや、英語学習者向けに有益な情報を発信します。

英語コーチ赤松 魁の自己紹介① 今何をしているのか?

みなさん初めまして!

 

とある会社で英語コーチをしている赤松 魁と申します!

 

このブログではまず3つのパートに分けて自己紹介ができたらと思います。

 

まず1つめのテーマとして、

 

赤松 魁は今何をしているのか?

 

について書いていこうと思います。

 

 

1.英語コーチ

縁があり2021年の3月からとある会社の業務委託として英語コーチの仕事を頂くことができました。

説明がありません

ブログを記入している現在(2021年3月21日)は研修を受けている段階ですが、4月からお客様を持って活動を開始します。

 

 

英語コーチを始めた理由としては、ティーチングに限界を感じたからです。

 

自己紹介の2記事目に詳細は書く予定ですが、私は元々高校で英語講師やDMM英会話講師の仕事を過去にしていました。

 

その時に感じたのは、受験の為だけにしている勉強や、親身に継続的に学習のサポートがすることが出来ない...ということ。

 

 

2016年9月にprogritという会社が英語コーチングの事業を始めたかと思いますが、個人的には衝撃的な事業内容でした。

 

英語を教えるのではなく、英語の目標達成のためのサポート(コーチングを行う)をする。

 

コーチングに対する大きな可能性を感じ、この会社ではありませんが、今年(2021年)英語コーチとして仕事を始めようと決意しました。

 

2.営業職

私は過去に高校勤務やオンラインで英会話講師をしてましたが、その後は美容院やサロンのネット予約媒体の営業としてキャリアチェンジを行いました。

 

転職をした理由としては、

 

自分の市場価値を高めるため

 

でした。

 

私は高校講師などをしていましたが、周りの方のおかげで海外ラグビーチームの通訳のお仕事などをさせて頂きました。

 

 

社会人2年目の途中で日本のトップチームや、海外リーグに所属する日本ラグビーチームでの通訳のオファーがありましたが、辞退

 

辞退した理由としては、

 

自分はまだトップのチームにつけるほどのスキルが無い

 

と感じたからでした。

 

具体的には、監督・マネージャー・コーチに対するコミュニケーション能力、自分から積極的に提案をする力、チームや個人が抱えている課題を発見・把握する力...など

 

一度飛び込んでも良かったと思う時もありますが、力をつけてから再挑戦をしたいと考えました。

 

今いる会社では、上記したスキルを伸ばすことができる成長機会を与えてくれると感じたため入社を決めました。

 

まだまだ営業として満足のいく結果を残してはいませんが、全力でスキルを伸ばすために仕事をしております。

 

3.ラグビー活動

私は4歳の時からラグビーを始め、今も近畿Aリーグに所属しているチームでプレーをしています。

f:id:kyamao0323:20210321174025p:plain



強豪校ではありませんが、大阪にある高校のラグビー部に不定期てコーチをしたりもしています。

 

プレイヤーとしてもコーチとしてもまだまだ未熟ではありますが、トップチームの通訳として働けるようにラグビーの繋がりや知識を日々伸ばしていこうと考えております。

 

 

赤松 魁は今何をしているのか?については一旦こちらで締め括らせてもらおうと思います。

 

次回は今のキャリアに至った過去の経験や想いを書く予定なので、是非読んでみてください。

 

それでは!See you later:)